葬儀のプランは時代背景により変動する|合うものを選ぼう

お葬式のサービスや料金

ランクで料金が違う

ロウソク

お葬式はどこの葬儀社を利用するかで、料金もサービス内容も違います。正式に契約をする前に、料金に似合ったサービスがあるかどうか、しっかりチェックすることが大切です。大東市でお葬式を依頼できる葬儀社は、大東市周辺にいくつかあります。家族葬をしたいなら家族葬対応の葬儀社、社葬をしたいなら社葬対応の葬儀社を選ぶことが大切です。お葬式には、予算に応じたランクがあります。一番安くできるのが火葬式や直葬です。大東市で出来るだけ安くお葬式をしたい人に、リーズナブルな火葬式が人気です。安いと基本料金10万円程度で出来ます。家族葬は少ない参列者だけで行う、小スケールなお葬式です。10人程度の家族葬であれば、基本料金は20万円ほどです。一般葬は従来通り通夜、葬儀、告別式と仏教の教えに沿って行うスタイルのお葬式です。一般葬も参列者の人数によって基本料金が違いますが、最低60万円ほどが相場です。葬儀の基本料金は、あくまでも目安となる最低金額です。火葬費用、霊安室や斎場などの施設利用料などが別に追加されることもあります。お得なのが、自社斎場つきの葬儀社です。自社で斎場を所有している葬儀社を利用すれば、斎場のレンタル代が格安になるのがメリットです。大東市周辺には、自社斎場を持っている葬儀社が多いのが特徴です。火葬式でない限りお葬式は斎場で行うのが一般的なので、費用を安くいたいなら自社斎場ありの葬儀社がお勧めです。

不祝儀袋と包む金額

メンズ

香典はお通夜や葬儀または告別式に参列するときに持参する現金です。故人に備える供物の一種ですが、遺族に対して、「わずかですが葬儀費用の足しにして下さい」という心付けの意味合いもあります。香典はただ渡せばよいわけではなく、様々なマナーがあります。まず香典を包む不祝儀袋は、宗教によって違うので注意が必要です。蓮の花がプリントされた不祝儀袋は、仏教のお通夜や葬儀に参列するときに使用するものです。十字架や百合の花がプリントされた不祝儀袋は、カトリックまたはプロテスタントのお葬式に参列するときに使用します。不祝儀袋に記入する表書きも、宗教ごとに違います。仏教は御香典、カトリックやプロテスタントは御ミサ料、神葬祭は御玉串料などです。いずれの場合も、薄墨を使って不祝儀袋の中央にある水引の上に表書きを、水引の下には自分の名前をフルネームで記入します。例えば大東市で知り合いの訃報に触れた場合、最低限、どんな宗教でお葬式をするのか確認することが大切です。もしも宗教がわからない場合は、「御霊前」と印刷された不祝儀袋がお勧めです。御霊前は大東市で行われるどんな宗教の葬儀にも使える表書きなので、知っておくと便利です。不祝儀袋の中に包む現金は、地域ごとに相場があります。大東市なら大阪府なので、大東市のお葬式に行く時には大阪の相場が目安になります。親族なら1万円、友人や近所の知り合いなどの場合は3千円が目安です。

マナーを重視する

線香と蝋燭

知り合いを喪ってしまった時は葬儀に出席することになります。葬儀は喪服を着用すること以外にも守りたいマナーがありますから、大東市で足を運ぶ前に確認しておきましょう。女性がワンピースで葬儀に出席する運ぶ場合、気をつけたいのは足に履くものです。通夜と違って大東市で葬儀に出る際は黒いストッキングを履くようにしましょう。こうした席ではできるだけ肌の露出を避けるのが通例です。また男女共に光沢のある持ち物は避けますから、男性はネクタイピンを使用しないようにします。逆に大東市で身につけて行っても良いものは結婚指輪です。マナー違反にはなりませんが、あまり装飾性の強いものであれば外した方が配慮があります。こうした点は結婚指輪を購入する際に考えておくと、後々便利でしょう。また女性がワンピースを着用する場合、真珠のネックレスはつけることができます。カラーはホワイトやグレーを選択できますが、できるだけ華やかな印象を避けたい方はブラックが最適です。女性が大東市で葬儀の準備をする際は、服装だけでなくメイクのマナーも考えておきましょう。口紅やファンデーションの中にはラメ入りのものがありますが、こうした製品は避けます。できるだけ派手なメイクは避けて、ナチュラルメイクを保つようにしましょう。つけ睫毛やアイシャドウは入れないのが基本ですから、普段目元のメイクにこだわりがある方は注意した方が賢明です。遺族だけでなく、葬儀に足を運んでいる他の参列者の気持ちに配慮してメイクしましょう。